新刊案内

2019年07月08日

カルピス絵本の人気作品10冊が贈られました。

IMG_8138

子どもたちに豊かな心を育んでほしいという願いをこめて発行されているカルピス絵本が、

KNBいりふねこども館に寄贈されました。

◆ちょっとだけ、ちょっとだけ   作:きむらゆういち

いたずらする時もがんばる時も一緒! いつもは、それぞれ得意なことをしてママのお手伝い

をしている、仲良しのうさぎの4兄妹。 ある日夕食の鍋から漂ういい匂いに誘われて、

「ちょっとだけなら たべても へいきだよね。」と、末っ子のスースーが一口食べると…

ポタッとシチューが一滴、たれました。やがて残りの兄や姉たちも次々に一口、また一口と

食べると、なんとテーブルクロスはシチューのしみでいっぱいに! さあ、たいへん!

◆ドーナツやさんのおてつだい      作:もとした いづみ

ドーナツやのポルカさんは、毎日おいしいドーナツを作っています。早春のある日、そのこ

うばしい香りに誘われて、町の子どもたちがわいわい楽しくポルカさんのドーナツ作りの

お手伝い!そして、お礼のドーナツを食べていたら、不思議な手紙が一通届きました。おい

しくて きれいな ドーナツ 100こ、 あした あなもりやまの てっぺんに もっ

てくること!」ポルカさんと子どもたちが「いっしょに」作るカラフルでおいしそうな100

個のドーナツを見ているだけで、おなかが「まんぷく」になりますが、さらにあらたな出会

いで心も「まんぷく」に!幸せいっぱいの春を感じられる、読み聞かせにぴったりの絵本で

す!

◆ありんこのアリー       作・絵: みやにし たつや

ぼくは ありんこの アリー。とっても ちからもちなんだよ。 ありんこのアリーは力持ち。ビ

スケットもキャンディーも簡単に持ち上げてしまいます。「でも、あれは、アリーでも持ち

上げられないさ」と友だちがいいます。あれって何でしょう? 思いやりの心を育むユーモ

ラスな絵本。

◆キツネのおとうさんがニッコリわらっていいました 作・絵: 宮西 達也

優しい気持ちになれる楽しい絵本 キツネのお父さんは「今日はおいしい子ブタをつかまえて

くるぞ」と、はりきって出かけますが、お父さんが子ブタをつかまえようとすると、リンゴ

をもらったり、お花をもらってしまったり。

◆おともだちになってね  作: 岡本 一郎

友だちを作る勇気、友だちと遊ぶ楽しさを伝える絵本!ひとりで山に住む子ぐまのフーは、

友だちを探すために、今まで渡ったことのないつり橋を勇気を出し渡ります。

◆とんでけとんでけわがままむし   作: さくらともこ

ほんとうはりっぱな王さまなのに、たったひとつ欠点があります。それはたいへんわがまま

なこと。それを直すために家来たちが考えた方法は?

◆ともだちほしいなおおかみくん  作: さくらとも

ほんとうは、とってもさみしがりやでやさしいのに、 森のどうぶつたちは、おおかみくんを

こわがって、あそんでくれません……

◆おばけのがっこうへきてください     作:さくらとも

つよし君は,運動が大きらい。みんなからはよわし君とよばれています。でも,おばけ学校

の先生になってからは,元気モリモリ。。

 

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ